1960&1970 ぼくたちの世代

1951僕が生まれたのはジョン万次郎の故郷土佐清水市です。京都、大阪で幼年時代を過ごし、訳あって小学1年の時、土佐清水市に舞い戻り祖父母の経営する食料品店で育ちました。

当時の土佐清水は宗田ガツオ(めじか)で景気よく料亭千福、キャバレー銀馬車、映画館は(東宝、日活、東映、松竹系)と4館あり大盛況でした。小学生時代、佐田啓二主演の映画「雲が流れるとき」土佐清水ロケで県交通バスの車掌役の倍賞千恵子が祖父母の経営する食料品店に卵を買いに来てました。はじめての芸能人との遭遇でした。

当時日活映画全盛の時代,裕ちゃん、エースの錠、マイトガイの旭が憧れの銀幕スターでした。守屋浩のぼくの恋人東京へイッチッチ(僕は泣いちっち)を聞き東京に強い憧れを持っていました。歌謡テレビ番組はお昼に放映されていた「ロッテ歌のアルバム」御三家の一人舟木一夫の「学園広場」をよく口ずさんでました。

中2から高知市菜園場の近くに引っ越し友人から教えてもらったラジオ番組「小島正夫の9500万人のポピュラーリクエスト」に聞き入りポップスに出会いました。ジョニーシンバルの「ミスターベースマン」ボビーソロの「頬にかかる涙」シングル盤のレコードを初めてお小遣いで買いました。ラジオからテレビへ小学生時代は力道山にルーテルズ、栃錦に若乃花、長嶋に村山の対戦に熱狂しました。NHK[夢で逢いましょう」徳川無声の「私だけが知っている」民法は高知放送(RKC)1局のみで午後6時からの「光子の部屋」から「シャボン玉ホリディー」に釘づけでした。中学2年に「東京オリンピック」高校1年時は「ビートルズ初来日武道館公演」でした。

高校卒業後は麹町の東京YMCA国際ホテル学校に入学、六本木にある岩崎久弥の屋敷跡「国際文化会館」でナイトクロークのバイト、水上勉、三島由紀夫が来店していたステーキハウス銀座「末広」でのバイト(仕事帰り日比谷公園松本楼の火事に遭遇)映画はイタリア文化会館、テアトル東京でアラビアのロレンス、、並木座で私が捨てた女、音楽ライブは渋谷ジャンジャンでハッピーエンドライブ、演劇は渋谷の天井桟敷、紀伊国屋ホールでつかこうへい「熱海殺人事件」等バイトの合間に各劇場へ足げく通い東京文化を満喫しておりました。

ホテル学校卒業後は西新宿新都心にできた超高層ホテル「京王プラザホテル」3期生として入社、初年度の配属は格調高いメインバーブリアン、一流デザイナー剣持氏の設計で湾曲したカウンターの背景には土門拳のモノクロ写真、ゆったりしたブース横の調度品には淡い間接照明、朝10時から深夜2時までオープンしており経済人、小説家、芸能人、スポーツ関係者様々な人間模様が垣間見られました。フレンチレストランのサービスマンを経てルームサービスを担当、マイルスデイビスにソールボンファン(舌平目のムニエル)を、モハメドアリにフレッシュオレンジジュースを部屋までルームサービスしたこと、世界的指揮者カラヤン宿泊期間は隣の部屋で一晩中待機するバトラー補助を担当しました。部屋に入ると美人の通訳と共に深紅の大きなバラが飾られていました。カラヤン専属スタッフから普門会館で開演されるカラヤン指揮のクラシックコンサートのチケットを頂き最初で最後のクラシック音楽ライブを鑑賞しました。