ニュース

移住に関わるニュースを紹介します。

テレワークの普及により身近になった「田舎暮らし」。
様々なサイトやSNSで、その良さが紹介されています。

そんな中、不動産会社による「田舎暮らし」の記事が話題です。
YAMADA電機グループのYAMADA不動産によるこの記事。

テレワークで実現!あこがれの「田舎暮らし」♪ : YAMADA不動産

単なる「田舎暮らし」の紹介記事ではありません。

・地方移住へのコツ
・田舎暮らしのメリット
・田舎暮らしの注意しておくべきこと

…などについて、不動産会社ならではの目線で書かれています。
「田舎暮らし」を考えるときの参考になりますよ。

テレワークで実現!あこがれの「田舎暮らし」♪ : YAMADA不動産

移住先の下見に行きたいけど三密が気になる…
そんなお悩みに、人気のキャンピングカーのレンタルはいかがでしょう。

新型コロナウイルスによって人気が高いアウトドア。
そんな中でも人気急上昇なのがキャンピングカーです。

最近では格安で宿泊出来るRVパークも増えています。
中には温泉施設が隣接しているRVパークもあります。
そんな人気のアウトドアスタイルを、移住先の下見に活用してみませんか。

キャンピングカーなら、移住候補地だけでなく周辺の散策も簡単。
近くの施設や買い物先などへ実際に移動ぢてみることもできます。
つまり、実際の移住生活により近い環境での下見ができます。

だからといって、新たにキャンピングカーを購入するのは無理。
そこでお薦めなのが、キャンピングカーのレンタルです。

今回は楽天トラベルでレンタルできるキャンピングカーをピックアップしました。

楽天トラベルでキャンピングカーをレンタル!!

スタート地点は限られますが、空港でのレンタルも可能です。

コンビニなどでの買い物にも使える楽天ポイントも貯まりますよ。

出身バラバラな3人が移住先で意気投合…女性達が小さな港町で「カフェ」 地元を愛し地元に愛される人気店に

移住先で何が出来るのか不安になる。
移住を考える時に、出てきがちな悩みです。
しかし、全国を見渡してみると多くの成功例が見えてきます。

・元々のスキルを活かす
・新たな事にチャレンジする
・地元の人達との活動に取り組む

そして、今回の成功例は…
・移住仲間と新たな事にチャレンジする

出身バラバラな3人が移住先で意気投合…女性達が小さな港町で「カフェ」 地元を愛し地元に愛される人気店に

移住先に存在していたモノと、移住者のスキルが生みだした成功例ですね。

徳島発!家具・家電付きで月々19,800円から 住まいと移動をセットにした移住者のための住居 「電脳Fit住宅」募集開始!!

これは面白い取り組みですね。
移住者の4割が不安に思う「移動」と「住まい」の問題ををセットで解決する。
さらに、移住生活をSNSで発信してもらうことによる広告効果も見込めますね。

新しい生活様式により、リモートワークが当たり前になりつつあります。
そんな中、都会の喧騒を離れ、快適な地方で暮らしたいと思う方が増えています。
しかし、完全に地方に移り住となると、かなりハードルが高くなるのが現実。
都会との二拠点生活となると毎月の「家賃」負担が気になりますよね。
慣れない地方での「移動手段」などの問題も立ちはだかっています。

しかし、この「電脳Fit住宅」が突破口になるかもしれません。

徳島発!家具・家電付きで月々19,800円から 住まいと移動をセットにした移住者のための住居 「電脳Fit住宅」募集開始 – @Press

移住を考えていると、気になるのが移住先の人気ランキング。
人によって捉え方が違いますが、大きく分けて二通りのようです。

まずは、人気ランキング上位の移住先が気になる人。
・移住者に対しての配慮がされていそう…
・より多くの人が移住先として選んでいるから…
・行政の支援が受けられやすそう…
そのような理由が聞かれます。

逆に、人気ランキングで上位の移住先を避けたいと考える人。
・人が多くて煩わしそう…
・行政や近所の人たちに過干渉されそう…
・都会と変わらない感じがする…
こちらの理由もわかる気がしますね。

いずれにしても気になる人気移住先のランキング。
なかでも評価が高いのが、「ふるさと回帰支援センター」のランキング。
移住支援のために、各道府県と連携しているNPOのランキングからなのでしょう。

ふるさと回帰支援センター発表のランキング(プレスリリース版)

ただ、このランキングは単純に数値のみのデータ。
ちょっと味気なさを感じる方もいらっしゃると想います。
そこで、今回は特に女性目線で上位5箇所をまとめた記事をご紹介します。

50代からの女性誌部数No.1「ハルメク」のオンラインメディア、ハルメクWEBから

日本で一番人気がある移住先は?

家族での移住には女性目線も大切です。
より良い移住生活のために、一読しておきたいものです。

 

人気雑誌「DIME」の公式サイト「@DIME(アットダイム)」で見つけました。

その名も、“ 高齢者に人気の移住候補地ランキング ”。
2019年に首都圏在住の65歳以上の男女522名を対象に行ったアンケートの結果です。

このランキング結果だけが全てではありません。
しかし、他の人たちがどのような考えなのかを知るのも必要ではないでしょうか。

高齢者に人気の移住候補地ランキング – @DIME

新型コロナウイルスの感染に伴い、ニーズが高まる地方移住。
そのニーズに応えるために、新たな移住ポータルサイトがスタートしました。

[ ijuu (イジュー)] と名付けられ、10月1日に公開されたこのポータルサイト。

・移住情報に関する情報の非対称性解消
・移住先や補助金情報など最適な移住情報を最短で見つけられる

このような目的で公開されました。

また、福岡市や山梨県といった地方自治体と連携していることも大きな特徴。
もちろん連携地域だけでなく、様々な地域の移住情報を発信しています。
地方移住に興味のある方は覗いてみることをお薦めします。

Uターン就職するならijuu【イジュー】

5月に開催された「オンライン全国移住フェア」。
新型コロナウイルスの影響もあってか、170組を超える参加で話題になりました。

そんな人気の移住フェアの第2回目が開催されます。

自宅にいながら移住先を探そう!
「第2回オンライン全国移住フェア」
2020.10.4(Sun)開催!
スマホ、タブレットでもご参加いただけます!

オンラインといっても、各地域の出展団体ごとに個別の部屋が用意されています。
ですので、やり取りを他の参加者に知られる心配はありません。

詳しくは以下のサイトから

LOCONECT – オンライン全国移住フェア

人材サービス大手のパソナが打ち出した、淡路島への本社機能の移転計画。
1200名もの社員を移住させるというプラン。
コロナ移住が増える中でも、その桁違いの計画に賛否それぞれの意見が出ています。

今回の件で注目が集まっている淡路島。
実際に淡路島で移住生活をされているジャーナリストの記事を紹介します。

パソナ本社移転で注目の淡路島にコロナ移住…釣り三昧、体重5キロ減。大変なことは…

ジャーナリストということで、個人の感想だけでなく幅広い内容になっています。

 

大きな決断をしての移住。
素晴らしい移住生活を謳歌する。

しかし…

全ての移住者が成功している訳ではありません。

下記のリンク先の情報は海外での例です。
しかし、同じ失敗は国内移住でも散見されています。

海外移住に失敗する人の特徴とは? マレーシア移住6年目の私が解説!

1 2