日別: 2019年5月14日

今年も、多くの皆さまのご協力の下、リーガロイヤルホテル東京にて「南国土佐まつり」を開催することができました。
末広がりの第八回も、良き時間を過ごすことができました。

第六回から、ご自身のファンも引き連れて出演してくださっている仲町浩二さんも持ち歌である「四万十川恋唄」などを披露はもちろん、会場の皆さんが「よさこい鳴子踊り」を楽しめるようなステージングで本会の趣旨である「高知の良さ・おもしろさをまるごと東京で」を盛り上げてくれました。

開催にあたりご協賛いただいた、高知市・土佐市・安芸市・宿毛市・いの町・梼原町・四万十町、高知県酒造組合さま、浜幸さま、ひまわり乳業さま 他、感謝いたします。

東京高知県人会の金田会長やジャズシンガーで高知にUターン後も全国で活躍している堀江真美さんなど、豪華な顔ぶれで、本当はお一方お一方をご紹介したいくらいです。

今回は、最終の目的である、「高知へ移住したい方への架け橋(デバイス)」の活動として、高知県、高知市、四万十町の協力を得て「移住相談会」を行いました。5組6名の方が参加してくださりました。
はじめての企画でありましたが、これは来年も続けていこうと思っております。

また、昨年からの進歩では、9月に予定している「高知ツアー」の告知ができたことです。まだ日程調整中ですが、旅行代理店O-SHIKOKUの岡林さんが尽力してくださり、今回の「土佐学講座」のテーマである「高知にゆかりのかる学者たち」にあわせた行程を組んでくださりました。
もう少し話がしっかり決まりましたら、ホームページでも告知させていただきますね!

来週からは「土佐学講座」が早稲田エクステンションセンターではじまります。こちらも昨年同様に人気の講座となっており、さらなる高知ファンが育ちそうで楽しみです。