私は1982年~1985年までサイパンインターコンチネンタルホテル「京王レストラン」のマネジャーとして勤務していました。毎年年末にはご家族で宿泊なさってたと記憶しています。そしてほぼ毎日「京王レストラン」をご利用いただきました。そして食事の合間に加山さんのお話を直接お聞きし感激したことを覚えています。

そのころ加山さんから直接お聞きした話では 、1970年茅ケ崎ホテルでの巨額の負債を抱えアメリカに渡り安アパートの一室でリンゴ箱を机代わりに、大学で学んだ法律をもう一度真剣に勉強をなさったこと、この経験を口述手記で出版したこと、そして一番の思い出はサイパンインターコンチのお客様でありました加山さんの友人俳優の本郷淳さんと一緒に光進丸を訪ねたこと、各部屋にはギターが置かれ、その部屋でとっておきのウヰスキーをごちそうになりながら加山さんから家族、船にたいする想い、海の素晴らしさをお聞きしました。奥様との出会いのエピソードとして光進丸に初めて女性を何人かお迎えしたとき船がかなり揺れ、その時奥様が踏ん張ってキャビネットを押さえたその姿を見、好しこの女性と結婚をと決められたことなど微笑ましいお話を聞いたことを思い出します。またその頃500トン級の船を造る計画があり模型を見せていただいた記憶もあります。海に自然にふれあう喜びを楽しく語っていただき、海を尊び家族を愛する海の若大将の想いを存分に聞け幸せな夜でした。

私は現在ふるさと高知に帰り一般社団法人高知サマサマCCRCセンター(サマサマとはインドネシア語でおかげさまという意味)を運営しながら人口過密な首都圏から少子高齢化最先端の高知県へ元気で知識欲旺盛なシニア世代を呼び込む事業に取り組んでいます。

私の生まれ故郷は高知県土佐清水市中央町、生まれ育った家の前には中浜万次郎の歌碑が立っています「村田英雄のあぁ万次郎」です。ジョンマンは1827年、土佐清水市中ノ浜に生まれ、14歳の冬カツオ漁に出、嵐に合い鳥島に流されます。数年後アメリカの捕鯨船に助けられアメリカで航海士の勉強を受け、世界の海を捕鯨船に乗って巡っています。(ミクロネシアの島々、インドネシアジャワ島、小笠原諸島にも立ち寄っているようです)

ペリーが浦賀に来航する160数年前ジョン万次郎は世界の海を捕鯨船で巡り、一人カリフォルニアの金鉱に出向き資金を得てアドベンチャー号を購入しアメリカから10年の時を経て鎖国日本琉球に上陸、薩摩藩島津斉彬藩主にアメリカ事情を話し、土佐に帰り河田小龍が聞き取りをしてそれを坂本龍馬に伝える。龍馬は世界と貿易するビジョンを持ち海援隊を結成する。

ご承知の通り名り1860年(万延元年)咸臨丸にてサンフランシスコへ渡るこの運航での万次郎の活躍はブルック大尉の記述に書かれています。(咸臨丸ブルック大尉と検索すれば出ます)。万次郎のアドバイスで慶應義塾の創始者福沢諭吉がウエブスター英語辞書をアメリカで手に入れたことは有名な話です。(慶応義塾大学出身加山さんの父上は薩摩藩士の末裔)

ジョン万次郎は島津斉彬の命で薩摩藩士や船大工に洋式の造船技術や航海術を教えています。

ジョン万次郎は150年以上前にアメリカの「ボーディッチ航海術書」を翻訳しています。

ジョンマン次郎は幕府の軍艦操練所の教授でありました。

ジョン万次郎は小笠原諸島の開拓調査をしています。

ジョン万次郎はアコーディオンの名手でありフォースターの曲を奏でていたと記述に在ります。

海を尊び汽船を動かせ音楽を奏でる昭和の海の男「加山雄三」に幕末の海の男「ジョン万次郎」の功績を顕彰していただき是非「世界ジョンマン会」の名誉会長にご就任していただきたく思います。

日本の人口減少、高齢化・少子化が進む中で、地方の状況は、耕作放棄地と同様、空き家の対策も急がれる。空き家が沢山あるといっても、不動産売買、賃貸契約に至る前に、所有者や権利者の法的手続きが整わなければ実際に住めるようにはならないし、所有者の家具や荷物、仏壇等を処理しなければならない。更には、古民家の場合等は、かなりのリフォームや修理、立て直し等、手を入れなければ住めない住宅も多い。古民家の場合、修理するより立て直した方が、先行きを考えると安上がりのケースもある。

最近人口が70万人を割り込んだ高知県の状況では、およそ、住宅戸数は34万戸、空き家は5.8万戸で、約17%が空き家ということになる。これでも、都道府県の中では中ほどに位置するようである。全国的に地方は大変な状況といえる。空き家対策に関しては、高知県では土木部住宅課が窓口で、「空き家再生・活用促進専門家グループ」が最近立ち上がっている。取組の内容は、市町村が実施する空き家の調査、実態の把握に関する業務の支援。空き家を再生・活用するための改修設計及び改修工事に関する技術的な業務支援。再生した空き家の管理・運営に関する専門的な業務の支援。利用者側と提供者側双方の要望を踏まえた再生計画の策定の支援。空き家を活用した移住促進するための業務の支援。等を上げている。

最近、何人かの知り合いから、「家屋敷、山林田畑も含めて何方かに差し上げたい」とか、「老人ホームに入居するので住宅を何方かに譲りたい」等、相談を受ける。私が現在住んでいる、香美市土佐山田の家は、最近まで私の父の一番下の弟が夫婦で住んでいて、元気なころは、畑や田圃を耕し、乳牛を飼っていた。8年ほど前にご夫婦とも高齢と持病で亡くなり空き家になった。故郷を何とか残したいと、妻と息子(大学生)を東京に残し、6年前に移り住んだ。私の記憶では、60年前の学生の頃、この故郷へ父と一緒に戻ると、近所の大勢の知り合いが、用水で洗濯等をしていて、良く帰ってきたと、皆が歓迎してくれた。そこが今では、道行く人も普段は見かけず、隣の家の親戚も今では年配の従弟の婦人が一人で住んでいる。並びの家々には、空き家も散見される。

私は現在、首都圏のシニアの高知への移住促進の仕事にも取り組んでいるが、移住しやすい環境を整えることが大切と考えている。それには、空き家の活用は重要なテーマでもある。高知県の各自治体の移住に関する取り組みとそれに関連する民間団体との交流も大切な活動でもあるので、その共通の課題として、空き家の活用を進めていきたい。

昔は、地域住民との交流は無くてはならない生活の基盤であったと思われるが、最近では田舎でも隣人との交流がほとんどない場合も増えている。今後は、それぞれの地域の隣人との共通の課題として、地域で空き家を管理していく仕組みに取組んでいくことにしてはどうでしょうか。地域は過疎になりつつあるが、再度、隣人との共通の課題で、空き家を管理・活用する課題に取り組むことで、地域力を盛り上げていくことにならないだろうか。

 35年新聞記者をして9年前、高知に帰ってきた。たまたま開催していた土佐山アカデミーに参加した。たった3カ月の住み込み学習で僕はて生きるということに目覚めた。

アカデミー仲間と作った土佐山七厘社で焼いた木炭を販売するため、真冬にある日、はりまや橋商店街の金曜市で「露天商」を始めた。

暖かくなると木炭が売れなくなった。知り合った旧鏡村村の仙人のようなおじいさんから「山菜を売りや」と言われた。山菜は売るものだという認識はなかった。山菜は取るものだと思っていたが、この仙人は「ここからあこまではおらんくの山、かってに取っていきや」と言われて山菜売りを始めた。

それこそ、驚きの販売を記録した。売った商品はタケノコ、イタドリ、フキ、クレソン……。1日の売り上げが4万円に達した。商品はすべて「100円」に設定した。だから400売れたということになる。

露天商というのは商売の始まりであることは多くの人から聞いていた。初めは道路に物を置いて売る。ちょっと金が貯まれば、ようやくリヤカーで売ることになる。僕はリヤカーに近い形で商売を始めた。

柴又の寅さんではないが、いつまでも露天商というのは恥ずかしい。いつかは店舗を持ちたい。6年経ってそんな思いが実現したのがWaterBaseだ。

コンセプトは街角サロン。誰もが集える場所を作りたかった。喫茶店でもいい。木工所でもいい。あるいは展覧会場やミニコンサート会場でもいい。  そんな思いで昨年9月、WaterBaseを開設した。お金がないので壁から内装、調度品はすべて自作した。ありがたいことに資材はほとんど友だちからもらった。

恰好いえばマルチパーパスのサロンなのだが、これまでいろいろなイベントをこなしてきた。まずは絵金誕生祭。次いで落語を鑑賞する会。土佐山田高校の学生たちを巻き込んだクルザー船おもてなし広場もやった。忘年会会場は月並みだが、年を超えて懐かし映画のポスター展。

そもそもなぜWaterBaseなのか。たまたま政府の水道の民営化路線に反発して昨年4月の市議選に立候補したことから水道のことを考えて行きたいを考えて命名した。

問題はいつまで続くかということである。大家さんとの契約では8月末までということになっている。「開店」してから半年が経つが、人の交流は日々拡大している。商店街に不可欠な存在として認められることになるのなら、9月以降も何とか場所を変えても継続したい。

有難いことに僕の趣旨に賛同して寄附をしてくれる市民が何人か現れ始めていることである。不思議なことに11月からは家賃を支払って黒字経営をしている。WaterBaseを始めて分かったことは、人生一人ではないということである。志をもって何かを始めれば何かが始まるということである。7年前、土佐山で炭焼きを始めなければ絶対に今の僕はない。

ぜひ高知市のはりまや橋商店街のWaterBeseのお越しください。あなたの明日が始まるかもしれません。

「高知に惚れて」

高知市版「生涯活躍のまち」形成事業主体として高知市と基本協定を締結している
高知サマサマCCRCセンターが主催する「より良い生涯活躍のまちづくり」のための交流会。
高知のイイとこ・ダメなとこをケンケンガクガク、建設的にディスカッションしていき意見を資源にできる会にしたいと考えております。
今後の定例会のキーとなる第一回に、ぜひご参加ください!

今回は、メイン講演者に、
株式会社ダイドウ 代表取締役・宮尻千恵子氏をお迎えします。

長野県小諸市出身1944年11月15日生まれ。
1970年に、ご主人が四国銀行事務センターの建設に携わる際
一緒に高知に付いて来られたことがきっかけで移住を決意。
以降、時代を先取りしたワーキングウーマンとして、
ご主人と二人三脚で事業を拡大し、現在に至るそうです。
1970年1月1日 宮尻工業所 技術者
昭和63年5月25日 有限会社宮尻工業所 法人設立、代表取締役就任
平成元年12月11日 有限会社ダイドウ 社名変更
平成6年 株式会社ダイドウ 組織変更 代表取締役~

また、
高知龍馬研究会理事、長宗我部顕彰会理事など、
高知県民以上に、高知の歴史を愛する歴女です。

高知の良いとこ・今一つなところを語っていただき、
皆さまのディスカッションに繋げていきたいと思います。
ワンドリンク&高知らしさあふれるおつまみ付で楽しみながら!

過去4回、幅広いスキルとエピソード、個性をお持ちの方にお集りいただき、さまざまな意見交換をすることができ、ホンネも飛び交うようになり、建設的な会となってまいりました。
交流を和やかに広げたい方たちばかりで、お1人様参加も多いですので、
気軽にお越しくださいませ。

■日時 2/28(土) 17:30受付開始 18:30スタート(20:30終了予定)
■参加費 2,000円(税込)…2ドリンク・おつまみ、CCRC活動カンパ
■ところ シニア交流カフェSAMASAMA 高知県高知市九反田8-1 2F   MAPはこちら
■プログラム
①高知県でのCCRC活動状況報告
②参加者自己紹介
③宮尻氏講演
④交流グループディスカッション&発表

お申込みは、こちらのメールから
2/29参加希望の旨を添えて、送信ください!

20名さま限定ですので、お早目に!

高知市版「生涯活躍のまち」形成事業主体として高知市と基本協定を締結している
高知サマサマCCRCセンターが主催する「より良い生涯活躍のまちづくり」のための交流会。
高知のイイとこ・ダメなとこをケンケンガクガク、建設的にディスカッションしていき意見を資源にできる会にしたいと考えております。
今後の定例会のキーとなる第一回に、ぜひご参加ください!

今回は、メイン講演者に、
熊本県天草市出身、株式会社リーブル専務取締役である
坂本圭一朗さん
…またの名を「坂本アッコ」さんをお招きしています。

須崎市出身の女性と結婚をしたことがご縁で17年前に高知に移住。塾の先生を経て、現在では高知の出版会社で専務取締役を務めながら地域のイベントや、仲間のライブなどに「坂本アッコ」として出演。
徹底したパフォーマンスぶりで高知の人間を圧倒!?
プライベートは良き夫・良きパパ。関西学院大学法学部出身。

高知の良いとこ・今一つなところを語っていただき、
皆さまのディスカッションに繋げていきたいと思います。
ワンドリンク&高知らしさあふれるおつまみ付で楽しみながら!

過去4回、幅広いスキルとエピソード、個性をお持ちの方にお集りいただき、さまざまな意見交換をすることができ、ホンネも飛び交うようになり、建設的な会となってまいりました。
交流を和やかに広げたい方たちばかりで、お1人様参加も多いですので、
気軽にお越しくださいませ。

■日時 1/31(金) 18:00受付開始 18:30スタート(20:30終了予定)
■参加費 2,000円(税込)…2ドリンク・おつまみ、CCRC活動カンパ
■ところ シニア交流カフェSAMASAMA 高知県高知市九反田8-1 2F   MAPはこちら
■プログラム
①高知県でのCCRC活動状況報告
②参加者自己紹介
③大久保氏講演
④交流グループディスカッション&発表

お申込みは、こちらのメールから
1/31参加希望の旨を添えて、送信ください!

20名さま限定ですので、お早目に!

高知市版「生涯活躍のまち」形成事業主体として高知市と基本協定を締結している
高知サマサマCCRCセンターが主催する「より良い生涯活躍のまちづくり」のための交流会。
高知のイイとこ・ダメなとこをケンケンガクガク、建設的にディスカッションしていき意見を資源にできる会にしたいと考えております。
今後の定例会のキーとなる第一回に、ぜひご参加ください!

今回は、メイン講演者に、
還暦を機に東京から高知市に移り住み、
路面電車と自転車を活用しながら、
クルマなしの暮らしをエンジョイしている
大久保正志さんをご紹介。
大久保さんの移住までの経緯や、移住してからの生活、
高知の良いとこ・今一つなところを語っていただき、
皆さまのディスカッションに繋げていきたいと思います。
ワンドリンク&高知らしさあふれるおつまみ付で楽しみながら!

第一回目・第二回目と、幅広いスキルとエピソード、個性をお持ちの方にお集りいただき、大変充実した会に成長しつつあります。
交流を和やかに広げたい方たちばかりで、お1人様参加も多いですので、
気軽にお越しくださいませ。

■日時 12/21(土) 17:00受付開始 17:30スタート(20:30終了予定)
■参加費 2,000円(税込)…2ドリンク・おつまみ、CCRC活動カンパ
■ところ シニア交流カフェSAMASAMA 高知県高知市九反田8-1 2F   MAPはこちら
■プログラム
①高知県でのCCRC活動状況報告
②参加者自己紹介
③大久保氏講演
④交流グループディスカッション&発表

お申込みは、こちらのメールから
12/21参加希望の旨を添えて、送信ください!

20名さま限定ですので、お早目に!

高知市版「生涯活躍のまち」形成事業主体として高知市と基本協定を締結している
高知サマサマCCRCセンターが主催する「より良い生涯活躍のまちづくり」のための交流会。
高知のイイとこ・ダメなとこをケンケンガクガク、建設的にディスカッションしていき意見を資源にできる会にしたいと考えております。
今後の定例会のキーとなる第一回に、ぜひご参加ください!

今回は、メイン講演者に、
共同通信記者として東京などで活躍した伴さん。
定年退職後の2011年、出身地の高知に移住して炭作りに目覚め、
はりまや橋商店街に出した露店は人気を集めている。
毎週金曜夜に開く市民の勉強会「はりまや橋夜学会」など
Uターン移住者として高知の魅力を幅広く発信中!
伴さんの移住までの経緯や、移住してからの生活、
高知の良いとこ・今一つなところを語っていただき、
皆さまのディスカッションに繋げていきたいと思います。
ワンドリンク&高知らしさあふれるおつまみ付で楽しみながら!

第一回目・第二回目と、幅広いスキルとエピソード、個性をお持ちの方にお集りいただき、大変充実した会に成長しつつあります。
交流を和やかに広げたい方たちばかりで、お1人様参加も多いですので、
気軽にお越しくださいませ。

■日時 11/2(土) 17:00受付開始 17:30スタート(20:30終了予定)
■参加費 2,000円(税込)…ワンドリンク・おつまみ、CCRC活動カンパ
■ところ シニア交流カフェSAMASAMA 高知県高知市九反田8-1 2F   MAPはこちら
■プログラム
①高知県でのCCRC活動状況報告
②参加者自己紹介
③川俣一雄氏講演
④交流グループディスカッション&発表

お申込みは、こちらのメールから
11/2参加希望の旨を添えて、送信ください!

20名さま限定ですので、お早目に!

高知市版「生涯活躍のまち」形成事業主体として高知市と基本協定を締結している
高知サマサマCCRCセンターが主催する「より良い生涯活躍のまちづくり」のための交流会。
高知のイイとこ・ダメなとこをケンケンガクガク、建設的にディスカッションしていき意見を資源にできる会にしたいと考えております。
今後の定例会のキーとなる第一回に、ぜひご参加ください!

今回は、メイン講演者に、
1993年に国際交流員として高知に来て以来、
鏡村に移り住んで日本文化の映像記録を撮り続けられている
映像作家の
マイケル・カーン 氏をお迎えして、
移住までの経緯や、移住してからの生活、
高知の良いとこ・今一つなところを語っていただき、
皆さまのディスカッションに繋げていきたいと思います。
ワンドリンク&高知らしさあふれるおつまみ付で楽しみながら!

■日時 9/20(金) 18:00受付開始 18:30スタート(21:30終了予定)
■参加費 2,000円(税込)…ワンドリンク・おつまみ、CCRC活動カンパ
■ところ シニア交流カフェSAMASAMA 高知県高知市九反田8-1 2F   MAPはこちら
■プログラム
①高知県でのCCRC活動状況報告
②参加者自己紹介
③川俣一雄氏講演
④交流グループディスカッション&発表

お申込みは、こちらのメールから
9/20参加希望の旨を添えて、送信ください!

20名さま限定ですので、お早目に!

仲町浩二のスタッフジャンパーに続いて、Tシャツも完成しました。昨年からファンの間て強い希望もあり全国的に猛暑のなか少しでも涼しくなるように、清流・四万十川をイメージしたブルーのTシャツです。洗ってもシワにならないポリエステル素材で肌触りもよく速乾性があります。
サイズはS、M 、L で1着1,500円(税込)キャンペーン先などで販売致しますのでよろしくお願いいたします。

1 2 3 4 6